2017年 04月 20日 ( 3 )

部分。 〜終〜




c0058507_20151799.jpg



スプーンやフォーク

フライ返し 泡立て器

おたまにシャベルといった

いわゆる"お料理道具"の代わりに

森からいただいてきた木を

適当な太さ長さに切って

意図的に

砂場近くに置いています



子ども達のおままごとでは

誰に教えられるでもなく

こんな風に

木の枝を工夫して使う

姿があります



穴を掘るために使ったり

楽器のように鳴らす子も

いたりします




たくさんの

モノがあふれ行き渡ることも

満たされるということの1つですが


たくさんないからこそ

満たされてゆく部分がある



それは

きっと

一生

その人を支え続ける

部分です





by kikunohana_yoh | 2017-04-20 20:43

絞り出す。 〜②〜




色水を作るために

数個のすり鉢とすりこぎを

用意しているのですが

もちろん

最初から

使い方や組み合わせを

全員が知るはずもなく

そして

全員に一斉に

そのセットが行き渡るはずもなく




でも

その状況で

子ども達は








c0058507_20012270.jpg



たとえ

組み合わせが違っても

もし 使いたいものが

今すぐになかったとしても

こんな風に

石を使ったり

どこからか木の枝を拾ってきたり

指で潰して絞ってみたり



知恵を絞って

色を絞り出す



たくましさと

美しさを

色の中に

見つけます





by kikunohana_yoh | 2017-04-20 20:14

Juice or Wine. 〜①〜




c0058507_19474262.jpg



春 園庭を彩っていた

花や葉っぱが

最後にもう一度

楽しませてくれています



赤や黄色

黄緑 緑

オレンジ ピンク







c0058507_19533856.jpg



色と色の組み合わせで

様々な色が出来上がっていくように

この色水が

どんな遊びに広がっていくのでしょうか?



まさに

色水の



ルネッサァーーーンスッ!



(ちょっと古い・・・)





by kikunohana_yoh | 2017-04-20 20:00

今日の1コマ-保育のようす


by kikunohana_yoh
カレンダー